草加市 獨協大学前駅 松原団地 草加パートナーズ内科・糖尿病クリニック インスリン外来 導入 自己注射

インスリン外来について

糖尿病の治療

糖尿病の治療では、まず食事療法と運動療法が指導されます。こうした生活改善で血糖値が十分に下がらなかった場合には薬物療法が検討され、内服療法やインスリン療法が行われることになります。

インスリン療法の早期導入について

インスリン療法の早期導入について

大抵の方が「インスリン注射」と聞くと拒否反応を示します。糖尿病治療の最後の手段であり、糖尿病が重症化した象徴と見なす方もいらっしゃいます。
しかし、糖尿病とはインスリンが不足する病気ですから、インスリンそのものを補充することが最も効果的に血糖値を下げてくれます。また疲れ果てた自分の膵臓(β細胞と呼ばれる細胞でインスリンを、分泌しています)を休ませ、機能を回復させる効果も期待できます。そして、この膵臓の機能を回復させる効果、言って見れば膵臓を長生きさせる効果は、糖尿病のなるべく早期にインスリンを使用した方こそ期待できます。
注射ということがハードルを高くしていますが、現在の注射針は非常に細く、痛みもほとんどありません。
糖尿病の飲み薬は、膵臓を叩いてインスリン分泌を刺激したり、インスリンの効きを良くする効果が中心です。よって膵臓が弱ってインスリン分泌が低下してきている方、高血糖が続いて悪循環が断ち切れない方には、飲み薬を何種類に増やしても大した上乗せ効果が期待できません。高血糖が続けば、糖尿病特有の慢性合併症が出てきてしまいますので、そういった方はなるべく早期にインスリンを使用して血糖値を目標値まで下げることが大事です。
当科では、初めてインスリンを使用される方に、まず現在の糖尿病薬の内服と、1日1回の持効型インスリン(24時間以上効果が持続します)の併用などをお勧めしています。

  • 飲み薬にこだわり高血糖が続くより、インスリンを使って血糖値を下げましょう。
  • 最後の手段としてインスリンを使用するのでなく、早期に導入し自分の膵臓を助けてあげましょう。
  • 当院では外来でのインスリン導入を行っています。
  • まず、1日1回のインスリン注射と、現在の飲み薬を併用するなど、無理のない方法で開始できます。

「外来」でのインスリン導入

インスリン療法を導入するにあたっては、「外来」と「入院」の2種類の方法があります。入院をご希望になる患者様には、適切な病院をご紹介させていただきます。
いろいろなご事情から入院は困るとおっしゃる患者様には、「外来」での導入をお勧めしております。当クリニックのインスリン外来では、外来にてインスリン自己注射の手技や注意点についてのご説明を行い、質問もお受けし、導入のお手伝いをいたします。

インスリン効果値とCIR

インスリン効果値(インスリン1単位で血糖値がどれだけ下がるのか)については、下記の1700ルールを用いると大体の計算が出来ます。ただ、あくまでも個人差がありますので、実際インスリン注射後に自分で血糖値を測定してより精度を高めていく必要性があります。

1単位で補正できる血糖=1700÷(1日の総インスリン)
例:朝6、昼6、夕6、就寝前12単位であれば
1700÷30≒56.7
よって、1単位でおおよそ50mg/dL下がると考えます。
CIR(Carbohydrate-to Insulin ration 追加インスリン1単位で処理できる糖質量)
下記の500ルールを用いると、インスリン効果値と同様に近似値を求めることができます。

インスリン1単位で処理できる糖質量=500÷(1日の総インスリン)
例:朝12、昼12、夕12、就寝前14単位であれば
500÷50=10g/単位 となります。

要するに糖質40gを含むおにぎりを食べた時には、4単位程度の超速効型インスリンをうてば良い事となります。