草加市 獨協大学前駅 松原団地 草加パートナーズ内科・糖尿病クリニック 循環器内科 動脈硬化 狭心症 心不全

循環器内科

循環器内科について

循環器内科とは

循環器内科とは

循環器とは、心臓から血液が送り出されて体じゅうの組織を巡る、その循環システムのことを言います。
したがって循環器内科では狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈などの心疾患や、動脈硬化、動脈瘤などの血管疾患を診療対象とし、主に生活指導や薬物による治療を行います。
動悸、息切れなどを覚えた際は、お気軽にご相談ください。

循環器内科で扱う主な疾患

  • 高血圧
  • 低血圧
  • 不整脈
  • 動脈硬化
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 心臓弁膜症
  • 大動脈瘤
  • 閉塞性動脈硬化症 など

こんな場合はご相談ください

  • 血圧が高い(低い)
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽くなる
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、鼓動を強く感じる)
  • 脈が乱れる、飛ぶ
  • 足などがむくむ
  • 息苦しくなる(特に横になった時)
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(急に意識を失った)
  • めまいや立ちくらみがする
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された
  • 狭心症や心筋梗塞など、心臓病の手術を受けた
  • 血の繋がった近親者に心臓病の人がいる、突然死した人がいる など

動脈硬化について

動脈硬化は老化の大きな原因

ヒトは皆、やわらかく生まれ、老いるに従って全身的に硬くなってきます。
動脈硬化というのも、文字通り「動脈が硬くなる」ことであり、血管が老化することとも換言できます。よく「人は血管とともに老いる」と言われますが、以下にご説明するように、動脈硬化は老化の大きな原因なのです。

全身の臓器や組織に影響する

動脈が硬くなると、血管のしなやかさが失われるために血液をうまく送り出せず、心臓に余計な負担がかかってしまいます。
また、動脈が硬くなると、血管そのものが弱くなり、破れやすくなるほか、血管の内側には粥腫(じゅくしゅ:コレステロールや脂肪などと、血中のマクロファージという白血球の一種が沈着したもの)ができてきます。
すると、血管の内側が狭くなったり、詰まったり、また粥腫が剥がれて血液中を漂い、やがて細い血管を詰まらせたりします。ちょうど水道管が古くなると汚れて詰まったり、錆びて剥がれたりするのと同じような状態です。
血管の内側が狭くなると、必要な酸素や栄養が行き渡らず、全身の臓器や組織が正常に機能しなくなります。さらに血管が詰まってくると、ある臓器や組織に血液がまったく届かずに、そこの壊死を招いてしまうケースもあります。

動脈硬化が呼び寄せる恐ろしい症状

動脈硬化が進行すると、心臓に大きな負担がかかるため、高血圧、心肥大・心不全などの心疾患につながります。
また、血管が狭くなったり詰まったりすることで心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などを招きます。脳の血管が破れて、脳出血を引き起こすこともあります。
このように動脈硬化は、死や寝たきりに直結する怖い症状を呼び寄せかねないのです。

動脈硬化の進行を抑える

この動脈硬化の進行を抑えるには、早期のうちに発見し、適正な運動やバランスの良い食事などによる生活改善、そしてケースによっては薬物療法を行う必要があります。
薬物療法では、動脈硬化のリスク因子の改善、合併症予防のために、脂質異常症、高血圧、閉塞性動脈硬化症などに対する治療薬を服用します。
動脈硬化による病気が心配な方、また、既に動脈硬化性疾患をお持ちの方は、一度当クリニックにて、ご相談ください。

動脈硬化の主な合併症

  • 脳梗塞
  • 一過性脳虚血発作
  • 脳血管性認知症
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 大動脈瘤
  • 腎硬化症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 急性動脈閉塞症 など